ディズニー景品

ランドかシーかを選べるディズニーペアチケット景品が人気No.1!


高級和牛景品

日本にわずか850頭の超希少な高級和牛景品が人気No2!


送料無料のお知らせ

10,000円以上の景品購入で送料無料


景品パネルの発送について

景品パネルは最短当日発送、翌日着


カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


モバイル

Feed

  • RSS
  • ATOM

結婚式と結納、人気なのはどっち?|ブーケトス・余興をする理由


最近では、結婚式の形も多種多様となってきました。
結婚式をしなかったり、結納をしないといったカップルも増えてきています。
時代の変化も大きく影響しているのでしょう。

それでも根強く残っている結納の文化や、結婚式で欠かせないイベントがあります。
今回は、そんな日本独自の儀式である結納や、結婚式のイベントが始まった理由などについて、詳しく説明していきたいと思います。
これから結婚式をされる新郎新婦の方、結婚式に参加する予定のある方は、是非、チェックしてみてくださいね!
 

結婚式と結納、今はどちらが人気?



昨今は欧米スタイルの結婚式が多いように思いますが、日本にも、古くから伝わる日本独自の結婚の儀式「結納」があります。
欧米式の結婚式の増加や、時代の変化、結婚観の変化から、今ではだいぶ廃れてきてしまっていますが、結婚式と結納、今はどちらが人気なのでしょうか?

【結納と結婚式、人気なのはどっち?】


結納とは、「結んで納める」と、字のごとくその意味をあらわす儀式であり、昔から日本の結婚の文化として、納められてきました。

現在では、結婚式も多様化し、結婚式をせず結納をするカップル、結婚式も結納もしないカップルも増えているのも事実であり、また昔ながらの結納文化も廃れつつあるのも確かです。
日本各地で伝統様式も異なり、さまざまな結納の形式が存在します。
結婚式になにかと費用が必要ですので、費用の問題もありますし「堅苦しいことはしたくない」という親も増えています。

また、結納をやるにしても、堅苦しいことは抜きで略式で、両家が顔を合わせて食事するだけのケースも多いようです。
結婚式、結納をせずに旅行にその費用をまわすカップルもいますし、価値観の多様化とも言えます。
本式の結納文化が廃れてしまってからは、略式の結納をする人が増えています。

結婚式をするのにも何百万と費用がかかることも避けたいカップルも増え、結婚式も減ってきているようです。
費用の面でもどこに価値観を置くかが決め手となります。

結婚の観念自体が、両家が結婚するということよりも、もっとカジュアルになってきているとも言えます。
今は、カジュアルな略式結納として、食事をし、結婚式をしないパターンが増えてきており、人気でもあります。
自分や相手、両親の価値観でしっかり話し合い、自分たちにあった結婚のやり方を選んでいきたいですね。

 

【結納パックというものが存在する!】


最近では、予算や好みに応じて選べるパックも存在します。

部屋代、食事、記念撮影、係の人へのこころづけなどがパックになっているので、あとは折半するだけという、ややこしいことなしのものです。
忙しい両親や、本人たちのニーズをしっかり汲み取ってくれる便利なパックを使って、賢く結納を行えることが人気です。
正式な結納は、ピンからキリまであり、お金のないカップルにとっては、不安でしかたありませんね。

その点、最初から表記されていて、明確なところがあり、選べるというのは不安なく選べるのでよいところです。

結婚式で花束をキャッチすると幸せになる理由


堅苦しいし難しいからと遠巻きにしがちだった結納も、わかりやすく簡潔で明確だと、嬉しいですね。
日本古来の文化も大切にしたいけど、難しいのは嫌、という方は一度試してみてはいかがでしょうか?

さて、ここからは先ほどまでとは打って変わった、欧米スタイルの結婚式について見ていくことにしましょう。
花嫁が後ろ向きになって花束を投げるシーンは結婚式でよく見るシーンのひとつです。
投げる方も、受け取る方も、見る側もドキドキする瞬間です。
このブーケトスというイベントは、いつ頃から始まったのか、なぜ、花束をキャッチすると幸せになると云われているのか、その理由について、見て行きましょう。

【ブーケトスとは?】

ブーケトスは、結婚式の後に、花嫁が投げて、未婚の女性がキャッチすると、次に花嫁になれるという幸運のブーケです。
最近では男性向けのもあるようです。
幸せになれるという言い伝えがあり、結婚したい女性は、何が何でも受け取りたいと必死になることもしばしばです(笑)
見ていて、ほほえましい光景でもあり、結婚式のたのしみのひとつといえます。

【ブーケトスの歴史】


日本でも定番のシーンとなっていますが、もともとは欧米が発祥です。
さまざまな説の中のひとつに、14世紀イギリスが発祥という説があり、花嫁の幸せにあやかりたい人が、花嫁のものをとったということで、それを防ぐ対策として、ブーケを投げたことからはじまったとされています。

しあわせのおすそ分けですね。
あまり知られていませんが、花嫁用のウェディングブーケを投げるのではなく、ブーケトス用のブーケがちゃんと用意されていることが多いようです。

男性用として、独身男性が、花嫁のガーターベルトを花婿から後ろ向きに投げられ、キャッチすることもあるようです。
ブロッコリーをブーケに見立てたものもあります。
このブロッコリーは、子宝に恵まれますようにという意味が込められているそうですよ。

また、最近では、既婚・未婚問わずに、みんなで楽しめるようにと企画されたもの、プレゼントがくっついていたりの工夫して楽しむこともあります。
投げずに、リボンづたいにプレゼントを渡し、プレゼントに当たった人がしあわせになれるという意味合いでのゲーム感覚のものもあるようで、ブーケトスも現在では多様になってきています。

 

結婚式で余興するようになった理由


ブーケトスにもいろいろな種類のものが出てきているんですね。
さて、ブーケトスがすんだら次は披露宴。
披露宴に欠かせないのが、美味しい食事と…そう、余興です。
今や定番になっていますが、そもそも結婚式の余興ってどうしてあるんでしょうか。
ここからは、その辺りの理由について、お話ししていくことにしましょう。

【結婚式で余興をする理由】

結婚式の様式は時代ごとに変わるもの。
結婚式に余興が盛り込まれることは、今の風潮のひとつとなっています。

まず、余興は、お決まりの結婚式以外に、二人にとって、親族にとって大事な日をよりよく、印象的にするという意味合いで、知り合いや知人が贈り物として用意する出し物だといえます。
女性に限らず男性でも、サプライズって、やってもらうとうれしいものですよね。
仲間が自分たちの事を思って、準備して当日に励んでもらう姿を見られるのも、結婚式ならではの光景であり、特別な日の特別なプレゼントです。
しかも、モノやお金だけではなく、生のパフォーマンス等ですから、その時にしか味わうことができません。
すべてがスペシャルなこの日のためなのです。

次に、披露宴にて、場を和ませること、参加者同士が仲良くなること、接点を持てるということも大きなメリットです。
そのため、どんどん余興が進化し、変化して多様になっていっています。
許されうる限り、ありとあらゆるアイデアや趣向を織り交ぜたものを作ることが出来ます。
これは腕の見せ所ですので、頼まれた人は大変ですが、やりがいもあるものです。
大切な友人の為に、時間とエネルギーを費やし、その日をお祝いします。

【余興は新郎新婦だけでなく、すべてのゲストの為のもの】


最近では、あらゆる趣向、多様化が進み、余興も様々です。
結婚式が楽しかった、また参加したい、早く結婚したいと、幸せムードを演出するのに、余興は欠かせません。
もちろん、最近では余興がない結婚式も多く見られるようになってきましたが、それでもまだまだ根強く残っているイベントです。

最先端の情報を集めたり、意外性とサプライズがある余興は、見ている方もやられたな!と嫉妬すら覚えるほど。
そんな余興をやって、みなさんを驚かせて新郎新婦を祝福しましょう。
きっと、自分たちのいい思い出となりますし、友情も深まることでしょう。
余興ひとつで思いもひとつになること、間違いありません。

披露宴の余興で司会が気を付けるべきこと


結婚式の披露宴で余興をやる理由をみてきました。
そんな重要な披露宴での余興。
もしかしたら、司会を任されることもあるかもしれません。
ここからは、そんなときに気をつけるべきポイントを、ご紹介していきたいと思います。

【披露宴の余興で司会者が気をつけるべきポイント】

結婚披露宴の余興の際、司会者が気を付けるべき4ポイントです。

1)話すぎに注意テンポよく、人を引き付ける話術は実際、プロでもなければ難しいものですが、自分の持ち味を生かして司会を進行するようにしてください。

ただし、話すぎは、聞いていて飽きてしまい、何をしゃべっているかというのも耳に入ってこない状態になってしまっては、おしまいです。
そうならない為にも、メリハリのある話方をこころがけるとよいでしょう。

2)人をからかうことはやめましょう聞いていて気持ちの良くない言葉は発さないようにしましょう。

せっかくのお祝いの場ですので、聞いていてきもちのよくなる言葉をどんどん発することが好ましいと思われます。
人を中傷したり、あげあしをとったり、人を題材にすることはなるべく注意してやめましょう。

3)時間配分はしっかりしましょう限られた披露宴の時間を有効に使うためには、司会者が時間配分をしっかりとおこなうことです。
まだ時間に余裕があるときは、話術でカバーしたり、もうないなというときは勇気をもって切り上げることです。
いろんな人への気配りと考慮が必要な役割ですので、しっかり時計をみておきましょう。

4)余興をする人がちゃんといるかどうか確認すること余興がはじまってしまうときに、本人がトイレなどで席を離れている場合もあります。
しっかりと、会場をみて把握する余裕も必要です。

【リラックスして、滑舌よくはなすこと】


司会者が何を言っているのかわからない状態は、最初から最後までゲスト全員のストレスになって、式自体を台無しにしてしまう可能性があり、重要な役割でもあります。

当日は、ずっと話すことになり、それを思うと緊張しますが、できるだけ落ち着いて、滑舌よく聞き取りやすいようにはなすことがなによりも大切なことです。

まとめ

日本独自の儀式である結納や、結婚式のイベントのブーケトス・余興について、お話ししました。
イベントや儀式は、その時代やライフスタイルによって、少しずつ変化していくものです。
特に現代は、昔と違って、様々な選択を自分で自由にすることが出来ます。
伝統や文化を重んじるのも素敵なことですが、それが負担になってその後の幸せな生活に影を落としてしまうようになったら元も子もないので、あまり形式にばかりとらわれず、本人たちが納得のいくような選択ができると良いですね。
 

ピックアップ商品

景品賞品.comのインフォメーション

お支払い方法について

お支払い方法は次の4種類からお選び頂けます。

  • 銀行振込
  • 銀行一覧
  • クレジットカード
  • クレカ会社一覧
  • ネット銀行
  • ネットバンク一覧
  • コンビニ決済
  • コンビニ一覧

返品・不良品について

返品について

景品パネルの到着後、7日間以内とさせていただきます。

不良品について

商品到着後3日以内にメールにてご連絡をお願い致します。


※なお、お客様都合の場合などは返品・交換致しかねる場合がございますので、一度お問い合わせください。(土曜日・日曜日・祝日のお問い合わせに関しましては、翌営業日の対応となりますので、返品・不良品があった際はお早めにご連絡いただきますようお願い致します。

配送について

商品の発送はヤマト運輸、もしくはゆうパックにてお届け致します。10,000円(税込)以上のお買い上げの場合は送料が無料となります。それ以外の場合は送料として756円頂戴致します。

※日本国外への発送、営業所留めは承っておりません。

配送業者一覧

お問い合わせについて

ご不明な点がございましたらこちらからお問い合わせください。

個人情報について

景品賞品.comでは、すべてのお客様からいただいた個人情報は厳重に保管させていただきます。

当日出荷について

平日正午までにご注文、またはお振込みのご入金確認ができた商品に関しましては、最短即日発送で翌日配達となります。

※北海道・九州・沖縄・離島などの一部地域においては、即日出荷でも翌々日以降での配達となる場合もございます。
※天候や交通の状況、商品の在庫状況等により発送、配達が遅延する場合もございます。予めご了承ください。